【観光】いざ、観光の旗を掲げましょう!!

このたび未来基地株式会社では、

「観光マーケティング」サービスを開始いたしました!

「観光」は地域活性化の切り札として注目を浴びている領域。政府が旗を振り、全国各地で「観光地経営」という観点からマーケティングやマネジメントを考える団体が設立されています。

これは、私たちが暮らす「東北」にとってもチャンス!東北の素晴らしい観光コンテンツを、全国、また世界に発信するお手伝いが出来ればと思います。

ご提供するサービスは主に3つ。

 

1 市場調査とニーズ分析

観光客のニーズは多様です。

昨今はビッグデータの活用が言われていますが、残念ながら、地方ではデータの蓄積が不十分なところが多く、すんなりとはいきません(この点は、今後改善されていくものと思います!)。かといって足踏みしている時間はなく、まずは統計的推定でニーズを把握するのがベターでしょう。私たちは、自治体様と連携して観光ニーズの分析を行ってきた実績があります。安心して御依頼ください。

 

2 商品開発支援

観光振興のゴールのひとつは、観光消費の活性化。

消費活性化の手法は沢山ありますが、そのうちのひとつが、「お土産をつくろう!」です。
ここで大事なのは、「商品そのものの品質」と「市場調査」、そして「デザイン」!私たちは外部デザイナーと提携し、商品開発プロセスの大半を、ワンストップでお任せいただける体制を構築しました。直近の実績に、「有限会社 三浦商店」様の「ふるさと秋田の味めぐり」があります。(デザインは、「宮崎デザイン事務所」https://www.facebook.com/miyazaki.d.o/

横手やきそば味
秋田のぼだっこ(塩鮭)味
大曲の枝豆味

空港や駅でもたいへんご好評いただいており、新幹線での車内販売にも採用されました。
本サービスでは、売り場作りまでしっかりとカバーします!

販促品デザインの例

3 サービスの改善支援

リピータを増やすには、サービスの改善が大事です。

観光地ブランディングで難しい点のひとつに、「一社のマイナスイメージが全体のブランドを棄損する」という点があります。せっかくの楽しい旅行も、旅館の接客が悪かったせいで台無しになることがあります。つまり、観光地におけるサービス品質の改善とは、個社の努力を前提とするものの、点ではなく面で取り組むことが不可欠なのです。そうした観点から、私たちは観光地のサービス業様を対象に、付加価値向上のワークショップ、生産性向上のワークショップ、マーケティングのワークショップなど、対グループでの改善活動を行っております。

付加価値向上ワークショップの様子

 

 

どうぞ、

今後とも未来基地株式会社をよろしくお願いいたします!

コメントを残す