データ分析×マーケティング、の体系化

梅雨ですね!

先日は雨の合間を縫って、秋田県の栗駒山に登ってきました。

山頂で食べるおにぎりは最高。

でも、登山って太るんですよね?
多分、一般には逆のイメージだと思うんですが、自然に触れて体が元気になって、食欲が増してしまう。
私の場合、登山後は、だいたい1kg以上度太ります。

それで日常生活で段々痩せてきて。いい感じになって。
そうしたらまた山に登りたくなって・・・太る、という。

なんだそりゃ。

さてさて、6月は「サービス業のデータ分析マーケティング」の研究にかかりきりでした。
おかげで、大きな進展があったと思います。
分析から課題の抽出、施策の展開に至る流れの体系化が出来てきました。

データ分析は、経営資源に劣る中小企業にこそ大事!
データ分析をマーケティングに活かすことで、限られた経営資源を上手に活用出来ます。
ただ、そのやり方が分からなかったり、そもそもデータ分析を担当できる人材がいなかったり・・・
沢山の問題があります。

その辺を上手くお手伝いできるスキームを作りたいな、と思っている所です。

兎にも角にも、今回の研究内容は、7月中に論文に仕上げる予定。
もうひと踏ん張りです。

コメントを残す