冬を楽しむ(四苦八苦しながら)

冬を楽しむ。

雪国に暮らしていると、こういう気持ちになることが難しいですよね。
難しいけれど、多分、出来ないこともない。
でも、寒いし。面倒だし。雪道は運転したくないし。
やっぱり難しい。

・・・そんな内向きマインドに浸っているところに、
雪山大好きな恩師がやってくることに。

外部環境に適応することで、
ちょっと自分の可能性を拡張してみてはどうか(Outside-in)。
そんな啓示とも。

そこで妻を伴い、恩師と友人と4人で、田沢湖高原までスノーハイクに行ってきました。
(途中、どうして「たつこ像」は金色なのか、ということについて、学術的に議論を交わしながら)

高原の積雪は1m20cm程度。
積もったばかりで、スノーシューなる洋風カンジキを履いても、ちょっと足下は重め。
日頃有酸素運動を毛嫌いしている私には、スタート直後の10分が結構キツい。

それでも小川の固い水音を聞き、ブナ林に日差しが斜めの線を引くのを眺めていると、段々と楽しくなってくるものですねー。

プロ・ガイドさん付きのツアーは約3時間。
途中の湿原でコーヒータイムを取り、その後はなだらかな傾斜を滑って降りる。
終わってみると、自分用のスノーシューを買う算段をしている自分に出会いました。

冬、楽しめるかな。

コメントを残す